英デベロッパーSlightly Mad Studiosが開発中の、リアルに拘った新作レーシングゲーム『Project C.A.R.S』ですが、発売時期が2014年Q2(4-6月)へと変更されています。


またWii U版の特徴について、Slightly Mad StudiosのAndy Tudor氏がRevoGamersに語ったところによれば、Wii Uが発表されてすぐに魅せられ、一目でこのマシンで開発する必要を感じたといいます。

GamePad機能活用については、前回も語っていますが、バックミラーや各種メーター、あるいは全てのHUD要素を格納する画面として、またジャイロ機能を使ったドライビング要素などの採用機会がもたらされ、出来うる限りそうした要素を盛り込んでいきたいとのこと。またMiiverse利用についても検討されています。

『Project C.A.R.S』はPC版をリードプラットフォームとして開発されており、グラフィックや解像度に関してはPC版が最高のものになるとTudor氏。ですが、それぞれのプラットフォームに長短があり、単純なPC版の移植に止まらず、それぞれの強みを生かした作品になるといいます。

「確実だろう事は、Wii U版は、安っぽいちんけなものにはならないということです。ゲームを手にしてもらいたいし、信じられない!凄い!って言ってもらいたいですね」

Project CARS – Waiting for Dark Trailer

『Project C.A.R.S』はPC、Wii U、Xbox 360、PS3でリリースされる予定です。2014年Q2ということで、次世代機でのリリースも視野に入っているのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で