4Gamer.netのゲームソフト週間販売ランキング(メディアクリエイト調べ)。2013年4月15日~22日週の売上が掲載され、『トモダチコレクション 新生活』が見事初登場1位を獲得したことが明らかになりました。


4週連続1位の『ルイージマンション2』を止めたのは、前作が300万本以上の大ヒットとなった『トモダチコレクション 新生活』でした。『とびだせ どうぶつの森』で3DSを購入したユーザーも呼び込んだのか、初週セールスは40万を超え前作の4倍を記録し、余裕の首位デビューを飾りました。

2位に入ったのは、世界120万本出荷が発表されたPS3『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』。国内の初週売上は8.7万本でした。3位にはPSP『セブンスドラゴン2020-II』が7.3万本で続いています。

4位に後退した『ルイージマンション2』は4.1万本を販売。売上が鈍ってきた『とびだせ どうぶつの森』も3.4万本を販売し5位につけています。また11位の『New スーパーマリオブラザーズ2』が、3DSソフト3本目となる累計200万本を達成しています。

メディクリ公式によると、ソフト総販売本数は98.7万本。7位で1万本割れと今週も旧作に元気がありませんが、トモコレがソフト市場を大きく牽引したほか、上位3タイトルを新作で占めたこともあり、前週比204.8%と倍増しました。

トモコレと新色で3DS LLが倍増

一方で、注目タイトルが発売されたものの、ハード市場の反応はイマイチ。そんな中でも『トモダチコレクション 新生活 パック』(1.4万台)や新色「ミント×ホワイト」(1.7万台)を販売した3DS LLが前週比202.9%とハード市場を牽引。5週ぶりに前週比プラスに転じています。。通常版3DSもトモコレ発売により4週ぶりに僅かながらプラスに。3DSトータルでは7.5万台(通常版1.8万台、3DS LL 5.7万台)でした。

Wii Uは0.8万台でした。

Top 20内、任天堂関連ソフト売上(Wii、3DS)

1位: トモダチコレクション 新生活
40.4万本
4位: ルイージマンション2
5.6万本 → 4.1万本/累計55.7万本
5位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
3.6万本 → 3.4万本/累計309.6万本
7位: カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!
4.4万本 → 0.9万本/累計5.3万本
9位: 逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!
圏外 → 0.6万本/累計46.4万本
11位: New スーパーマリオブラザーズ2(同梱版含む)
0.6万本 → 0.5万本/累計200.2万本
13位: モンスターハンター3(トライ)G (Best Price!)
0.4万本 → 0.5万本/累計29.0万本
17位: マリオカート7
0.4万本 → 0.4万本/累計202.9万本
20位: 太鼓の達人Wii 超ごうか版(同梱版含む)
0.6万本 → 0.4万本/累計45.3万本
トモダチコレクション 新生活 / 任天堂
トモダチコレクション 新生活
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: そっくりトモダチコミュニケーション
発売日: 2013年4月18日
対応: ローカルプレイ、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で