任天堂は2013年3月期決算説明会の中で、Wii U GamePadに備わっているNFC機能の活用方法について触れ、『ポケモンスクランブル U』のようなゲームに用いる他に、決済への用途として電子マネー「Suica」を用いた決済機能搭載を検討中であることを明らかにしました。


Suica決済が実現すれば、広く普及した交通系電子マネーを利用してこれまで以上に手軽にデジタルコンテンツを購入出来るようになります。また、マネタイズが難しかった少額課金のビジネス機会を拡大出来るといいます。

現行のeショップの仕組みでは、ニンテンドープリペイドカード等で一定額をチャージするか、クレジットカードで必要残高を追加するかのいずれかでした。クレジットカード非所持の場合、残高が少しでも足りない時には新たにプリペイド-カードを買い足すなどして番号をeショップで手入力し、チャージする他ありませんでした。

岩田社長によれば、「日本で最も普及が進んでいる交通系電子マネーであるJR東日本様のSuicaを用いて、決済が実現できるように、検討を進めています」と言うことですが、具体的に他社やサービスを挙げていることから、かなり具体的にプロジェクトが進行中であることは想像に難くありません。

電子マネーの多くはプリペイド式とはいえ、かざすだけで良く非常に便利に楽に決済出来る反面、思いの外使いすぎてしまうことも懸念されます。でもまあ、その辺りのお金の管理は各家庭に委ねるとして、一般的な電子マネーに対応することでeショップ決済が便利になることは間違いありません。早期実現を期待したいと思います。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で