任天堂は25日、Wii Uで展開しているソーシャルサービス『Miiverse(ミーバース)』が、PCやスマートフォンなどのブラウザで閲覧可能になったことを発表しました。


ここ最近はスケジュールの遅れが目立ってきている任天堂の各種サービスですが、『Miiverse』に関しては、β版とはいえほぼ予定通りにWeb版がリリースされました。

まだβ版ということで、Web版『Miiverse』では一部制限されている機能もありますが、Wii Uで発行されるニンテンドーネットワークIDとパスワードでログインすることで、コミュニティの投稿をチェックしたり、フォローしているユーザーの投稿に「そうだね!」や、コメントを付けることができます。ログインしていない場合は人気投稿がダイジェストで表示されます。

手描きイラストをたくさん投稿していた方は、画像ファイルとして保存出来るようになったのは嬉しいところでしょうね(画像サイズは320×120ピクセル)。また同じようにしてMiiverse投稿に添付したスクリーンショットも保存可能になりました(画像サイズは800×450ピクセル)。

ちなみに、Wii UのインターネットブラウザーからWeb版を開こうと試みると、「HOMEボタンを押してミーバースアイコンをタッチしてください。」と、Web版よりネイティブで見てねと親切にガイドが表示されます。

3DS版Miiverseは今年中に本体更新で対応

さて、Webに対応したMiiverseですが、ニンテンドー3DSのブラウザー経由での閲覧は現在未対応。開こうとしても「お使いのインターネットブラウザーから『Miiverse(ミーバース)』をご利用いただくことはできません」と表示されてしまいます。

3DSへの対応に関しては、決算説明会にて岩田社長から、「年内にはMiiverseの閲覧や書き込みが出来るように本体更新を行ない、対応する予定である」と発表されました。

以前は時期未定と言われていましたが、2013年中には3DSからもMiiverseの投稿・閲覧が可能になります。

国内で1,100万台以上普及した3DSのインターネット接続率は、遂に87%にまで達したそうですから、Miiverse対応が始まれば大きなゲームSNSとなり、任天堂が期待しているクチコミ効果もこれまで以上に期待できるようになるでしょうね。

「ニンテンドーネットワークID」の取得は、現在Wii Uからのみに限られていますが、Miiverse対応によりニンテンドー3DSから取得することも可能になるかもしれません。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で