2012年11月に日本で発売開始され、2013年4月1週までにパッケージ版の売り上げが累計300万本を越える大ヒットとなっている任天堂の3DS『とびだせ どうぶつの森』ですが、6月に発売を迎える欧米版では、任天堂が作成したモデル住宅が「ハッピーホーム展示場」に展示される追加要素が導入されていることが明らかになりました。


これは海外版社長が訊くの「Iwata Asks」から明らかになったもので、通常「ハッピーホーム展示場(HH Showcase)」に展示される住宅はすれちがい通信で集まっていきますが、任天堂製の住宅はニンテンドー3DSの「いつの間に通信」を介して配信されます。

「編集後記:ヨーロッパ版(北米版)では、任天堂が作成したモデル住宅もハッピーホーム展示場に展示されます。これらの家は、いつの間に通信を介して配布されます」

追加要素に関しては、2月の海外ニンテンドーダイレクトの時点でBill Trinen氏から予告されており、それが任天堂製住宅の配信だったようですね。北米版欧米版ともにこの住宅配信に対応します。その他にも海外独自の追加コンテンツがあるのかどうかは不明です。

国内では夢見の館を通じてニンテンドー村へ遊びに行くことができますが、住宅展示も気軽でいいかもしれません。

なお、ねんどろいど化されるほど大人気の秘書しずえの海外名は、鈴繋がりかイザベル(Isabelle)となっています。

海外版『とびだせ どうぶつの森』、『Animal Crossing: New Leaf』は北米地域では6月9日、欧州地域では6月14日に発売予定です。

とびだせ どうぶつの森 /
とびだせ どうぶつの森
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年11月8日
希望小売価格: 4,800円(税込)
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で