毎週水曜日に更新される、4Gamer.netのゲームソフト週間販売ランキング(メディアクリエイト調べ)。2013年4月1日~7日週の売上が掲載され、12年ぶりのルイージ主演作、3DS『ルイージマンション2』が4月1週目も首位を堅持し、3週連続で1位を獲得したことが明らかになりました。

とびだせ どうぶつの森』が300万本突破、『マリオカート7』は200万本突破、『New スーパーマリオブラザーズ2』は200万本目前

『ルイージマンション2』は6.8万本を販売し、累計は45.9万本に。2位の『とびだせ どうぶつの森』は4.9万本を販売。週販5万本を初めて割り込みましたが、発売から5ヶ月でパッケージ版の販売本数が累計300万本を突破しています。

6位の『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』は映画効果もあったのか1万本に復帰。『太鼓の達人Wii 超ごうか版』は圏外から7位に返り咲いています。トップ20に戻ってきた『マリオカート7』は200万本突破を確認。『New スーパーマリオブラザーズ2』も199万本を越え、3DSで3本目の200万本突破目前です。

3DSはシェアトップも6万台割れ

春商戦が終了し、目立った新作も無い中で、ソフト総販売本数は64.7万本(前週比63.2%、前年比75.7%)と大きく落ち込みました。ハード総販売台数も11.8万台と今年初めて12万台を割り込んでいます。

ハードシェアトップはニンテンドー3DSで5.6万台(通常版2.2万台、3DS LLが3.4万台)でした。14週時点の累計は昨年と同水準ですが、普及1,100万台を超えて週次販売台数は落ち着き始めており、18日発売の『トモダチコレクション 新生活』でもう一伸びさせられるかどうかが注目されます。

先週2万台に復帰したWii Uは1.4万台でした(累計86.9万台)。

Top 20内、任天堂関連ソフト売上(Wii、Wii U、3DS)

1位: ルイージマンション2
11.0万本 → 6.8万本/累計45.9万本
2位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
5.7万本 → 4.9万本/累計302.5万本
6位: ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション
0.9万本 → 1.1万本/累計15.1万本
7位: 太鼓の達人Wii 超ごうか版(同梱版含む)
圏外 → 1.1万本/累計44.2万本
10位: ゲーム&ワリオ
2.2万本 → 1.1万本/累計3.3万本
12位: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(同梱版含む)[Wii U
3.3万本 → 0.9万本/累計4.3万本
14位: New スーパーマリオブラザーズ2(同梱版含む)
1.0万本 → 0.9万本/累計199.0万本
19位: マリオカート7
圏外 → 0.6万本/累計202.0万本
20位: レイトン教授と超文明Aの遺産
圏外 → 0.6万本/累計19.9万本
ルイージマンション2
ルイージマンション2
メーカー: 任天堂
開発: Next Level Games
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2013年3月20日
対応: ローカルプレイ、ダウンロードプレイ、インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で