据置ゲーム機向け『Batman: Arkham Origins』とあわせてGameInformer最新号で明らかになった、ニンテンドー3DS/PS Vita向けのスピンオフタイトル『Blackgate』ですが、本作の概要やスクリーンショット、詳細が公開されました。


第一報で2.5Dと紹介された『Batman: Arkham Origins Blackgate』のジャンルは改めて「2.5D探索アクションゲーム」と説明。『Arkham Origins』終了後にBlackgate刑務所で発生した暴動鎮圧に向かうバットマンが描かれ、据置版とは全く別のゲームであると言われています。2Dのアニメーションシーンはフルボイスとのこと。

Armature Studioが『Blackgate』を担当することになった理由

Warner Bros.は以前から『メトロイド』や『悪魔城ドラキュラ』のような2.5Dスタイルの『Batman: Arkham』タイトルを開発したいと考えていたそうで、Armature Studioが担当することになったのも、レトロスタジオ時代に任天堂と『メトロイドプライム』を開発していて、そのスタイルに精通していた事が理由の1つなんだそう。

『Batman: Arkham』シリーズお馴染みの要素

『Blackgate』は2.5Dスタイルなので基本的に横スクロールでゲームが進行しますが、前景と背景を利用する3D空間を生かしたバットマン要素も存在します。例えば、背景のバルコニー上にあるガーゴイル像に乗って、受刑者をやり過ごす事も。そして敵はあらゆる角度からバットマンを追い回すということで、グラップリングは今回も大いに活躍しそう。

戦闘シーンはボタンをタップすることによる攻撃やカウンター、各種ギアを使用することが出来る、コンソール版バットマンに近いフリーフローシステムが採用。バットラングやラインランチャー、爆破ジェルといったお馴染みのガジェットの他、さらに多くのものが登場する予定です。『Blackgate』に関してはレベル制は廃止されています。

敵の視線が見えるようになり、見つかるかどうかがより視覚的にわかるように。また、バンテージ・ポイントや鉄格子の通路、サイレントテイクダウン、グライドキック、武器使用、破壊可能な壁があるなど普通にコンソール版と同じような要素が存在します。捜査モードも存在。

マニュアルセーブに対応

セーブはモダンなチェックポイントシステムが採用され、セーブするための部屋はありません。ただしセーブしたいときには手動で保存が出来るようになりました。ボスを倒すタイミングも任意に。

携帯ゲーム機用に最適化されている部分はあるんでしょうけど、『Batman: Arkham』要素がふんだんに盛り込まれており、固定カメラの探索型バットマンとして楽しめる内容になっていそうです。

暗所がメインのバットマン、3DS版は解像度面で不利なところがあり、視認性も不安ですが(『Arkham City』はテレビでも時々見辛く感じる瞬間があったり、3DS『Castlevania』も頭身の高いキャラが小さいので見失ってしまったりと不満がありました)、立体視がどう映えるのかや、Armatureが移植では無いタイトルをどう仕上げてくるのかは注目したいポイントです。

BatmanArkhamOriginsBlackgate_ss01

BatmanArkhamOriginsBlackgate_ss03

BatmanArkhamOriginsBlackgate_ss02

3DS/Vita『Batman: Arkham Origins Blackgate』は据置版と同日の10月25日にリリース予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で