ニンテンドー3DS DLソフト、8ビットテイストアクションゲーム『魔女と勇者』(Witch & Hero)を発表したフライハイワークスが、『Gunman Clive』の国内版『Gunman Story』を準備中であることが明らかになりました。


『Gunman Clive』は、西部劇を舞台にした横スクロールのアクションゲーム。最後発でありながら、iOS/Android版合算売上げを超えるなど、3DS DLソフトの成功例として語られる機会も多いタイトルです。

国内版は『ガンマンストーリー』へとタイトルが変更されたほかは、まだ予告ページにタイトル画像が1枚掲載されているのみで、配信日や価格などは不明です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で