2010年にWiiでリリースされた『ドンキーコング リターンズ』の立体視対応バージョンとして、国内では今夏リリースが予定されている3DS『ドンキーコング リターンズ 3D』ですが、任天堂ヨーロッパの紹介ページから本作の追加要素が明らかになりました。


Wii版DKRもドンキーとディディーをそれぞれ操作する2人同時プレイに対応していましたが、3DS版ではローカルプレイによる協力プレイに対応。また通常は体力を示すハートが2つの所、3つになるイージーモードも収録されるようです。

DKRには、同じコースを8回ミスすると、ホワイトな“スーパードンキー”がゴールまでの「おてほんプレイ」を見せてくれ、またそのままコースをクリアしてくれるヘルプ機能がありますが、ハートが3つあることで、自力でゴールまで到達しやすくなりました。落下についてはハート増加では対応できないですけれど。

[追記
本文を見落としていました。クランキーコングの店には落下からの救済措置や、鉱山のカート、ロケットバレルも2度の衝突まで防げるもの、DKバレルをいつでも呼び出せるアイテムといった新アイテムが入荷しているそうです。

3DS『ドンキーコング リターンズ 3D』は欧米では2013年5月24日に、日本では今夏リリースされる予定です。

ニンテンドー3DS LL (ミントXホワイト) / 任天堂
ニンテンドー3DS
メーカー: 任天堂
発売日: 2011年2月26日(3DS LL: 2012年7月28日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で