ニンテンドーeショップなど任天堂の各種デジタルストア(eショップ、Wiiショッピングチャンネル、ニンテンドーDSiショップ)の決済に必要な残高を追加できるニンテンドープリペイドカードに、3DSのARカメラで遊べる要素がついた新しいカードが登場します。


有料の追加コンテンツがあるソフト発売時にはオリジナルデザインのカードを発売するなど、コレクション性も盛り込まれ始めたニンテンドープリペイドカードですが、さらにもう一歩踏み込み、任天堂らしい遊びがついたカードが新登場です。

無料ARカメラアプリ『いっしょにフォト スーパーマリオ』付き

今回発表されたカードには、これまで通りの役割を果たすニンテンドープリペイドカードに加えて、ニンテンドー3DSで遊べる『いっしょにフォト スーパーマリオ』という無料のARカメラアプリをダウンロードできるQRコードがついています。

『いっしょにフォト スーパーマリオ』は『スーパーマリオ 3Dランド』や『スーパーマリオギャラクシー』を開発した東京制作部が手がけたカメラアプリで、用意された台紙を3DSカメラから覗きこむとキャラクターが登場する、ARゲームズなどでお馴染みの機能を備えています。このアプリではキャラクター達が呼びかけに反応してくれたり、驚いたり、あるいはほうっておくと寝てしまったりと多彩なアクションを見せてくれます。対応カードを組み合わせることで異なるアクションを見せてくれることも。

さらにこのアプリでは、キャラクターを掴んで、カードのないところへ連れ出すことができます。またタイマー撮影や画面に効果を付けることも出来るということです。

カードデザインは全6種類予定

このあそべるニンテンドープリペイドカードは全6種類が予定されており、第1弾として「クリボー」(1000円)、「マリオ」(2,000円)、「ピーチ」(3,000円)が4月23日から発売予定です。

第2弾の発売日は未定ですが、キャラクターは「ノコノコ」(1,000円)、「ルイージ」(2,000円)、「クッパ」(3,000円)の3種類が予定されています。

取扱い店舗

取扱いチェーン店は、セブンイレブン、ファミリーマート、エディオン、ゲオ、上新電機、3Bee、ソフマップ、TSUTAYA、トイザらス、ドン・キホーテ、ノジマ、ビックカメラ、ブック・スクウェア、古本市場、ホームエキスポ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ。従来デザインのニンテンドープリペイドカードも併売されるので、目的のカードかどうか購入前にご確認下さい。

ちょっと Nintendo Direct ニンテンドー3DSダウンロードソフト

ニンテンドー3DS LL (ミントXホワイト) / 任天堂
ニンテンドー3DS LL
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年7月28日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で