2013年3月中の配信が予定されていた、ニンテンドー3DSソフトのパッケージ版からダウンロード版へのセーブデータ引き継ぎツール『ダウンロード版にセーブデータを移動』の配信が、27日より開始されることが任天堂公式サイトにて明らかになりました。


セ『ダウンロード版にセーブデータを移動』をニンテンドーeショップからダウンロードし、手順に沿って操作を進めることで、パッケージ版のセーブデータをダウンロード版へ引き継いで利用できるようになります。

ただしこのアプリはセーブデータを“移動”するもので、複製を行なうものではありません。アプリを使ってダウンロード版へセーブデータを移動した後は、パッケージ版へ戻すことは出来ず、パッケージ版のデータは移動完了後に消去されます。

また、逆方向の移動、ダウンロード版からパッケージ版へのセーブデータの移動や、パッケージ版同士の移動には対応していません。ダウンロード版のセーブデータが既に存在していた場合にこのアプリでセーブデータを移動させると、パッケージ版のデータで上書きされます。

ニンテンドー3DSソフト パッケージ版からダウンロード版へセーブデータの移動 手順

準備するもの

  • インターネット接続環境
  • ダウンロード版ソフトが保存されたニンテンドー3DS / 3DS LL本体
  • セーブデータ移動元となるパッケージ版ソフト

手順

  1. ニンテンドーeショップから、ダウンロード版ソフトが入っているSDカードへ『ダウンロード版にセーブデータを移動』(無料)をダウンロード
  2. セーブデータ移動元のパッケージ版ソフトを3DS / 3DS LL本体に差し込んだ状態で『ダウンロード版にセーブデータを移動』を起動
  3. 表示される注意事項をよく読み確認した上で「移動する」をタッチ。

移行にはダウンロード版ソフトが予め必要で、セーブデータのみをSDカードへ移動させておくことは出来ない模様。その点はやや不便というか、システムで対応してもらいたいなあと思うところだったりしますが、3DSは継続的に遊べるタイトルも増えてきているので、最初にパッケージ版を買ったけれど入れ替えが煩わしいからダウンロード版に変更したいなんてソフトにはありがたいツールです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で