NPDのデータ発表に合わせて任天堂アメリカからも独自でリリースが発表されました。2月中はアメリカ国内で44.5万台のハードウェアを販売し、3DSが累計800万台を突破した事が報告されています。


また、2月にアメリカで発売された3DS『ファイアーエムブレム 覚醒』の初月セールスは18万本(パッケージ版が11.7万本、ダウンロード版6.3万本)だったこともあわせて報告されました。

『FE覚醒』はDL版購入割合が35%という非常に高い比率になっており、海外でも1つ実績ができました。海外でもダウンロード販売を拡大していくことは岩田社長が1月の決算説明会でも述べていましたが、『とびだせ どうぶつの森』の海外進出に向けて弾みが付きそうな数字です。

NOAからは、比較としてNDS『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』のセールスが累計25万本強だったことも発表されています。初月で18万本を販売した『FE覚醒』はかなり好調な滑り出しと言えるのではないでしょうか。

ファイアーエムブレム 覚醒 / 任天堂
ファイアーエムブレム 覚醒
メーカー:任天堂
ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
発売日:2012年4月19日
希望小売価格:4,800円
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2人)
ローカルプレイ対応、すれちがい通信対応、ニンテンドーネットワーク対応(インターネット対応、いつの間に通信対応)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で