リーク情報が相次いだ影響か、公式の情報解禁も前倒しされた『アサシンクリード』シリーズ最新作『Assassin’s Creed IV: Black Flag』ですが、Ubisoftから国内向けティザーサイトが公開されました。


ティザーサイトでは、ワールドプレミアトレーラーに続いて、『4』の主人公エドワードを紹介する映像も新たに公開されています。

またUbisoftが発表したリリースでは、Ubisoftモントリオールのベテランアサクリチームに加えて、同社のアヌシー、ブカレスト、キエフ、ケベック、シンガポール、ソフィアといったスタジオが開発に携わり、既に2年近くもの間開発が行なわれていた大規模なプロジェクトである事などが判明。

「ファンに気に入ってもらえているフランチャイズの骨格を尊重しつつも、新たな英雄、新たな設定で、我々は大胆かつ最もユニークな『アサシンクリード』を開発しています。『Assassin’s Creed IV: Black Flag』は、過酷で刺激的だった時代背景を基にしながら、従来のファンや新たなファンを驚かせるでしょう」

とUbisoftのCEO、Yves Guillemot氏は述べ、フランチャイズのさらなる拡大に期待を寄せています。

アサシン クリード4 ブラック フラッグ エドワード トレーラー

『Assassin’s Creed IV: Black Flag』は、PS3、PS4、Xbox 360、Wii U、Windows PC向けに年内発売予定(海外は2013年10月29日)です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で