任天堂からWii U本体システムの最新ファームウェア「2.1.3 J」がリリースされました。今回の更新による追加・変更点は「システムの安定性の向上」とのこと。


今回の更新は、ニンテンドーダイレクトで告知されたシステム高速化などを含む春夏のアップデートにはあたらず、30MBほどのマイナーアップデート。変更内容も、更新時によく見られる定型文の「システムの安定性の向上」のみとなっています。

また、機能追加や改善を含む春のメジャーアップデートは、4月に行なわれる予定とアナウンスされました。

1月に配信された「Wii U Direct Nintendo Games」で岩田社長は、

「“3月までのタイトル”は、バーチャルコンソールの展開が始まる前に、ダウンロードが開始されることになる」

と述べています。同じダイレクト内で岩田社長から、本体更新後、すみやかにWii Uでのバーチャルコンソールサービスを開始すると発表されていることから、4月タイトルのFC『星のカービィ 夢の泉の物語』が配信される17日までにシステムアップデートが行なわれる可能性がありそうです。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
希望小売価格: 26,250円(税込)/31,500円(税込)
保存領域: 8GB/32GB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で