Xbox 360、PS3、PC向けにリリースされ、日本でも2013年3月に発売されるElectronic ArtsのSF FPS『Crysis 3』ですが、開発元のCrytekによれば、Wii U版も完成間近まで開発が進められていたといいます。


「『Crysis 3』は、Wii Uでも動いていました。発売間近の所にありましたが、任天堂やEAとの間でビジネスサポートが十分ではありませんでした。Crytekは発売ライセンスを持っていないため、社としてWii U版をリリースすることはできず、Wii U版『Crysis 3』をお蔵入りにしなくてはならなかったのです」

と、CrytekのCEO、Cevat Yerli氏はVentureBeatのインタビューで述べ、Wii U版『Crysis 3』はほぼ完成の状態にありながら、3社間で何らかの問題が生じ、お蔵入りとなったことが明らかになりました。

『NEED FOR SPEED: MOST WANTED』を開発したCriterionからのコメント等、性能面では、現行の他コンソールはおろか、ハイエンドなPCモデルからの流用も可能であることが明らかになってきているWii Uですが、ソフトを充実させるために任天堂は、国内外のサードパーティーとさらなる協力体制を築く事が必要になってきそうです。

クライシス 3 予約特典:ハンターパックDLC&クライシス1DLC同梱、Amazon限定特典:ストーカーパックDLC 付き
Crysis 3(クライシス3)
メーカー: Electronic Arts
開発: Crytek
ジャンル: シューティング、アクション
発売日: 2013年3月7日
対応: PC、PlayStation 3、Xbox 360

posted with カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で