時間を操ることが出来る主人公を操作する2Dアクション・パズルゲーム『Barid』のクリエイターとしても知られるJonathan Blow氏の、カラフルな最新作『The Witness』が、PS4向け独占タイトルとして発表されました。ただし独占期間は有限なんだとか。


『The Witness』は、家庭用向けこそPS4独占であるものの、対応プラットフォームにはPCやiOSも併記されています。そして、最終的には幾つかの他のプラットフォームにも。と、対応プラットフォーム拡大が早くも示唆されています。

「基本的には、次世代XboxやWii U版よりも先にPS4版『The Witness』をお見せすることになります。それらのゲーム機への移植を考えた場合には。理想を言えば、出来うる限り多くのゲーム機でリリースしたいですが、我々は小さなデベロッパだし、『The Witness』は複雑なゲームなので、一度にそう多くの事を出来るわけではありません」

と、Blow氏はコメント。続けて

「人々は皆、我々がお金のためにそうしたのではと推測していますが、全くそんなことはありません。我々はこのコンソール(PS4)が気に入っているし、共に仕事をしている人たちとの関係も良好です。

なにせ既にPS4版の移植作業を進めていたので、他機種への移植は困難でした。繰り返しになりますが、我々が一度に出来る事はそう多くありません。なのでそれは、開発するにあたっての慣例的な約束から書類での正式な契約になったに過ぎません」

と期限付きの独占契約に至った理由を述べています。インディーズと言えども採算性、マネタイズは重要なファクターですから、可能性があるならプラットフォームを拡大していく判断は自然な流れかもしれません。とはいえ、しばらくの間は家庭用向けにはPS4独占タイトルになります。。

The Witness first official gameplay trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で