2013年3月発売のWii U『Need for Speed: Most Wanted』で、GC『Burnout 2: Point of Impact』以来約10年ぶりに、Criterionが任天堂ハードへ帰ってきました。


Wii U版『NFSMW』の特徴に関しては、国内エレクトロニック・アーツからも発表されています。GamePadを使った「協力プレイモード」や、GamePadのタッチスクリーンでのマシンの乗り換えや改造、未発見マシンの発見が可能であるほか、GamePad単体で遊ぶ「Off-TV Play」にも対応しています。

さらにボーナスコンテンツとして、他機種版では有料DLCとして配信されている「アルティメットスピードパック」が予め収録されています。

収録車種

  1. McLaren F1 LM
  2. ミニマリストの芸術品Lamborghini Aventador J
  3. サーキット対応のPagani Zonda R
  4. 世界最速の座に君臨するBugatti Veyron Grand Sport Vitesse
  5. 最高速度275mphの怪物オープンカーHennessey Venom GT Spyder

ドライブ記録をオンライン上にオートセーブしてくれる「オートログ2」機能にも対応しているので、世界中のプレイヤーと白熱したレースバトルを楽しめます。

また追加要素ばかりではなく、グラフィックもPC版から高品質なものを流用でき、他の家庭用ゲーム機以上のクオリティになっているといいます。

任天堂ハードへの約11年ぶり復帰を果たしたCriterionのバイス・プレジデントを務めるAlex Ward氏は、海外インタビューで、上記のようなWii U版特徴に加えてWii Uの印象についてもコメントしています。

「我々は、Wii Uのオンラインユーザーはどんどん進展していくと見ています。任天堂が大いに貢献することで、多くの消費者にとってのTV体験の枠組みは広がっていくと考えているんです」

Ward氏は将来の『Need For Speed』タイトルについて、CriterionはWii Uハードを知っているので、他機種とも同時発売になっていくだろうと述べています。

またWard氏はWii Uの印象について「ファンタスティックなハードウェアで非常に気に入っている」と絶賛。「だからこうして任天堂ソフトに戻ってきたんだ」と締めました。

『NEED FOR SPEED MOST WANTED U』は2013年3月20日に6,615円(税込)で発売予定です。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド
NEED FOR SPEED MOST WANTED U
メーカー: Electronic Arts
開発: Criterion
ジャンル: レースゲーム
発売日: 2013年3月20日
プレイ人数:1人(通信プレイ時2-6人)
対応周辺機器: Wiiリモコン、Wiiリモコン+ヌンチャク、Wii U PRO コントローラー、Wiiリモコン+クラシックコントローラ
対応映像出力: 1080p
サウンド: リニアPCM5.1ch サラウンド

posted with カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で