プレイステーション版の発売から13年を経て、ニンテンドー3DS向けに初めてリメイクされ、2013年2月7日に発売された『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』ですが、スクウェア・エニックスは12日、本作パッケージ版の国内出荷本数が早くも100万本を突破したことを発表しました。


オリジナルのPS版『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』は、2012年9月末現在で国内出荷410万本を超えるドラクエシリーズの中でも上位のメガヒットタイトル。3DSのリメイク版では、グラフィックが進化したほか、サウンドにオーケストラ音源が採用。また、より遊びやすくバランス調整が施されていたり、「すれちがい通信」による「トクベツな石版」交換を行えるなど新要素も導入されています。

2013年の国内パッケージソフト販売は、1月28日~2月3日週に過去10年で最小規模となるなど元気がありませんが、『ドラクエ7』効果でどうやら少しは持ち直せそうです。

これで3DSのミリオンタイトルは、『スーパーマリオ 3Dランド』『マリオカート7』『モンスターハンター3G』『New スーパーマリオブラザーズ 2』『とびだせ どうぶつの森』に続いて6本となりました。販売本数はどこまで伸びていくでしょうか。

それにしても、ドラクエ本編タイトルの時のテーマ曲「序章」の訴求力は別格ですね。派生タイトルでもかかりますが、本編で流れると、ますますドラクエワールドに潜りたくなります。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち / スクウェア・エニックス
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
メーカー: スクウェア・エニックス
発売日: 2013年2月7日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で