Wii U独占が崩れ、PS3やXbox 360も含む3機種で9月に発売されることがUbisoftより発表された『Rayman Legends』ですが、本作の開発に携わった元開発者を名乗る人物が、海外フォーラムで今回の同社の決定に不満を露わにしています。


「皆腹を立てているかもしれないが、開発者の僕たちがどう感じたか、想像してみてほしい。この状況を考てみてほしい。僕たちはこのゲームを、殆ど残業を続けながら開発してきた。E3の準備に入った昨年5月以来ずっとだ。ほぼ毎月のようにデモ(GamescomやWii Uのプレゼンテーション、ショップ、eショップ等々)を作りながら、並行してゲームも完成さるよう務め、そして実際に完成させた。

最初の延期は、期日に間に合わないことが明白だったからだけれど、2月にはそれは全て間に合っていたんだ。なのにソフトを完成させたその週のうちに、ソフトはリリースされないだろうと聞かされた。どんな顔をしただろう?僕はその決定を信じられなかった。

僕らにとって今回の決定が意味する事は、僕らが妻や子供達、友人に会う時間も取れないこの半年間は無駄だったということだ。結局、これほど急ぐ必要は無かったんだから。このニュースを受け容れるのは耐え難かった」

「Zeta69」氏は1月末でUbisoftを退職したようですが、マルチ化発表以前にも、EOLでプロジェクト完了を祝うメッセージを投稿しています。

「今日は素晴らしい日だ!僕たちはレジェンズ(の開発)をクロージングしました。来月お目にかかれます」

この投稿は、1月9日付けのものでした。「Zeta69」のアカウントがいったい誰のものなのか、信憑性が気になる所ですが、数年に渡る投稿から、Ubisoftモンペリエに一定期間勤務していたスタッフであることは確実なようです。

「『Rayman Legends』は素晴らしいゲームだし、今後もそうだろう。ネクタイを締めた人間がある日間違った選択を取ったからといって、開発チームに対してそっぽを向く必要はないんです」

この匿名リーク情報が相次いで報じられた後、Ubisoftはリーク情報を裏付けるようにWii U版の開発が既に完了していることを明らかにし、9月へ延期した理由は他機種に合わせるためだと付け加えて発表しました。

「説得力のある答えではないと解ってはいますが、これがシンプルな真実です」

Wii Uのインストールベースが伸び悩んでいることも影響したであろう、今回のビジネス的な決定ですが、HD版『Castlevania』の件といい、もっとうまく立ち回れるだろうになあというケースが相次いでいます。今回の決定には海外ユーザーからも反感の声が挙がっており、Ubisoftの見込み通りセールスを拡大出来るのか、そしてローカライズして日本で販売を担当する任天堂がどう動くのか注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で