Wii U独占タイトルとして発表され、日本では任天堂からの発売が予定されているUbisoftのマスコットキャラクター・レイマンの新作『Rayman Legends』ですが、どうやらこの秋に独占が崩れることが明らかになりました。


UbisoftがVG247に送付した声明によると、2013年9月にもPS3/Xbox 360の両プラットフォームで『Rayman Legends』が発売されるとのこと。Wii U版を開発中のUbisoftモンペリエは現在、その対応バージョンを開発中であるということです。

「Ubisoftは、数多くのXbox 360やPS3ユーザーから、レイマンをプレイしたがっているという声を聞きました。我々は、彼らの要望に応えることを決定しました。革新的で記憶に残るゲームは同時に、ユーザーを拡大するでしょう」

『Rayman Legends』はWii U GamePadによるタッチ操作も採用しており、それが無い2機種には別の操作体系が割り振られるものと思われます。

ですが、そんなことよりも、『ZombiU』と並んでUbisoftが独占タイトルとして大々的に発表してきたルェイマンが、少なくとも海外ではマルチプラットフォームタイトルとなってしまったのは、任天堂にとっては大きな痛手です。

元はWii Uローンチ予定だったWii U版の発売日も、他プラットフォームに合わせて9月に延期と報じられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で