コジプロ開発のフォックスエンジンを採用していると言われている、コナミのサッカーゲーム『ウイニングイレブン』最新作ですが、来日中の海外版ウイイレ『PES』チームのリーダーJon Murphy氏が31日、新作で採用されるだろう次世代エンジンについて再び短くツイートしています。


「今日、新エンジンの技術デモを見せてもらったんだ。とても感動したよ」

と、Murphy氏はツイート。今回もほんの僅かな情報ですが、おそらく今秋の発売になるだろう最新作のプロジェクトが進行中であることを確認できます。ようやく

『FIFA 13』は2012年内に1,200万本を突破するなど、現実的なサッカーの再現を目指しつつ尚成功を収めていますが、その『FIFA』に対して『ウイイレ』は、リアリティーを追いかけつつもあくまでゲーム的な方向へ舵を切っています。自社の新開発エンジンを、どうサッカーゲームに落とし込んでいくのでしょうか。ようやくゲームエンジンにメスが入るということで、進化を期待して待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で