「Wii U Direct Nintendo Games 2013.1.23」にて、『3Dマリオ』最新作など任天堂の今年のE3出展タイトルが早くも一部発表されました。この時期から任天堂が出展タイトルを明らかにするのはかなり珍しいことです。


出展が明言されたのは、Wii U『3Dマリオ』『マリオカート』、Wii U/3DS『スマッシュブラザーズ』の3タイトル。このうち、『3Dマリオ』『マリオカート』はプレイアブル出展であることも明かされました。

この他にも、この秋発売予定とされた『ゼルダの伝説 風のタクト』リメイクは当然出てくるでしょうし、映像が公開されて夏発売の『Wii Party』他、Wii Uを盛り上げていくために2013年下半期以降に予定されるタイトルが数多く出展されるものと思われます(願望込み)。

映像公開で海外でも反響の大きかったモノリス新作も、続報があるかもしれないですね。

昨年のE3で発表した『LEGO City: Undercover』のようなシークレットタイトルや、先ほど発表された『真・女神転生 meetsファイアーエムブレム』プロジェクトのような、他社とのさらなるコラボタイトルの発表も、海外向けにもインパクトがあると判断されれば発表があるかもしれません(アトラスの他にも様々なパートナーと、今までに無い新たな取り組みを行なっている事は発表済み)。

Wii Uだけでも任天堂の持つメジャータイトルがずらりと並びそうな今年のE3、任天堂UKの自信の理由がうかがえます。E3 2013で任天堂がどのような構成のショウにしてくるのか、今から楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で