『3Dマリオ』や『マリオカート』『ゼルダの伝説』など、今後Wii U向けに定番タイトルが複数控えていることが明らかになった「Wii U Direct Nintendo Games」ですが、直近発売ソフトの発売日決定アナウンスは無く、まだ暫く停滞の流れは続きそうです。


海外では、マルチタイトルも含めてコンスタントに新作リリースのあるWii Uですが、国内では1月に1本、2月にも1本(1月24日現在)と、いきなりタイトル不足に陥っています。本来ならこの時期にハード本体を引っ張っていく役割を担う任天堂も、1-2月は新作を用意できませんでした。

任天堂の岩田社長はタイトルを用意できなかったことについてまず謝罪し、タイトルの充実と共に、任天堂タイトルとして高いクオリティを維持することもまた重要だと考えていると説明。

岩田社長は、3月以降は定期的にタイトルが発売していくと述べ、夏までに発売するソフトとして

  • GAME & WARIO
  • Wii Fit U
  • ピクミン3
  • The Wonderful 101
  • の発表済み4タイトルを紹介。ただ具体的な発売日のアナウンスはありませんでした(その後、任天堂公式サイトにて『GAME & WARIO』の発売日が2013年3月28日と判明)。

    サードパーティタイトルについては、別の機会に発表がある予定だそう。海外ではそれなりにサポートされているものの、国内メーカーをどこまで誘致出来ているのかは未知数です。

    海外で発売・発表済みでも国内発売の予定のないタイトルもありますし、場合によっては積極的に任天堂がローカライズしていくことも期待したいです。

    本体更新や任天堂の自社タイトル投入は3月以降で、ファンが期待するタイトルの発表は6月のE3、当然発売はそれ以降ということに。

    ローンチではWiiと同等の勢いだったWii Uは、ソフトの空白期間やシステムの不備ですっかり熱も冷めてしまいました。一度停滞した流れを再び活気付かせていく難しさは、任天堂は最近でもWiiや3DSで経験していますが、Wii Uでも再びその困難なミッションに立ち向かうことになります。

    Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
    Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
    メーカー: 任天堂
    発売日: 2012年12月8日
    希望小売価格: 26,250円(税込)/31,500円(税込)
    保存領域: 8GB/32GB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で