ワンモアシングが長く続いた「Wii U Direct Nintendo Games 2013.1.23」の中で、任天堂がトリに選んだのは、Wii『ゼノブレイド』で世界的に高評価を得たモノリスソフトがWii U向けに開発する最新作の映像でした。


1分強の映像では、主人公のルックスや広大なフィールド、巨大なクリーチャーとの戦闘シーン、メニュー配置など至る所で『ゼノブレイド』から正当に進化したRPGであることを予感させ、後半ではマシンに乗り込んで戦っている様子も収録されていました。

タイトルは明らかにされませんでしたが、ラストに大きく『X』の文字があることやメカの登場から、ゼノシリーズの新作であることが推測されます。

キャラクターデザインはゼノギアスやゼノサーガIの田中久仁彦氏、音楽はドラマ医龍や東京タワー、ハチワンダイバーの澤野弘之氏が担当。総監督はもちろん高橋哲哉氏。

海外でも評価の高かった『ゼノブレイド』開発スタジオの新作ということで、海外ファンも大きく反応。紹介時の岩田社長の表情も、心成しか自信に溢れているように見えましたね。

公開映像については任天堂UKからアップされているので、以下からご覧下さい。

Monolith Soft – new game in development (Wii U)

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし) / 任天堂
ゼノブレイド
メーカー: 任天堂
開発: モノリスソフト
ジャンル: RPG
発売日: 2010年6月10日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で