オズワルドも操作可能になるなど、様々な新要素を追加して2012年11月に欧米でリリースされた『Disney Epic Mickey 2: Thew Power of Two』ですが、米国内での年内売上が27万枚に止まっていることが明らかになりました。


エピックミッキーの不振は、LA Timesが報じたディズニーのビデオゲーム部門に関する記事の中で伝えられ、この販売数はNPDによるものです。

2010年に発売された前作『Disney Epic Mickey』はWii独占タイトルでしたが、11月のリリースから年末までに130万枚を販売。新作はWiiに加えて、Xbox 360、PS3、Wii Uとプラットフォームを大きく拡大しましたが、売上は伸びるどころか5分の1程度に落ち込んでしまいました。

シリーズを開発するJunction Pointのボス、ウォーレン・スペクター氏は、『2』発売以前から『Epic Mickey』シリーズの次回作について構想を述べていましたが、今回の販売不振により、シリーズが継続するかどうかは不透明な状況に陥ったそうです。むむっ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で