任天堂の和製RPGシリーズとして、『ゼノブレイド』や『ラストストーリー』と共に発売された『パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』が、北米で2013年春に発売される事が明らかになりました。


北米地域で『パンドラの塔』の販売を担当するのは任天堂ではなく、『ラストストーリー』で成功を収めたXSEED Games

『パンドラの塔』は、時間の経過と共に獣化するヒロイン、セレスを救うため、プレイヤーは主人公エンデを操作し、特徴の異なる十三訃塔に挑むアクションRPG。『ワンピース』シリーズでお馴染みの、ガンバリオン初のオリジナルタイトルです。

国内発売から2年近く経ってようやく発売に至りますが、アクション慣れした北米ゲーマーにどう評価されるでしょうか。

パンドラの塔 君のもとへ帰るまで / 任天堂
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
メーカー:任天堂
ジャンル:アクションRPG
発売日:2011年5月26日
希望小売価格:6,800円
プレイ人数:1人
対応コントローラ:Wiiリモコン+ヌンチャク、クラシックコントローラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で