GfKのCart-Trackの発表したレポートによると、年間最多となる6週連続首位を獲得した人気シューター『Call of Duty: Black Ops 2』が、スポーツゲームとして最大のヒットとなった『FIFA 13』を上回り、2012年最大のヒットタイトルとなったことが明らかになりました。


3位にはUbisoft史上最大のヒットタイトルとなった『Assassin’s Creed III』、4位には『Halo 4』がXbox 360独占タイトルながらランクイン。5位は『Hitman: Absolution』と、トップ5は秋から冬にかけて発売されたタイトルが占めています。

『FIFA』シリーズとしては、『13』発売まで売れ続けていた前作『FIFA 12』が8位にランクイン。フットサルなどストリートスタイルの『FIFA Street』も14位に入っているなど、トップ20内に3タイトルが入り、シリーズ人気の高さをうかがわせます。

The Top 20 Games of 2012

  1. Call of Duty: Black Ops II – Activision
  2. FIFA 13 – Electronic Arts
  3. Assassin’s Creed III – Ubisoft
  4. Halo 4 – Microsoft
  5. Hitman Absolution – Square Enix
  6. Just Dance 4 – Ubisoft
  7. Far Cry 3 – Ubisoft
  8. FIFA 12 – Electronic Arts
  9. The Elder Scrolls V: Skyrim – Bethesda
  10. Borderlands 2 – 2K Games
  11. Mass Effect 3 – Electronic Arts
  12. LEGO Batman 2: DC Super Heroes – Warner Bros
  13. Need for Speed: Most Wanted – Electronic Arts
  14. FIFA Street – Electronic Arts
  15. Mario & Sonic: London 2012 Olympic Games
  16. Skylanders Giants – Activision
  17. Battlefield 3 – Electronic Arts
  18. Call of Duty: Modern Warfare 3 – Activision
  19. Max Payne 3 – Rockstar
  20. Sleeping Dogs – Square Enix

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で