週刊ファミ通にて、Wii U発売記念特集として『Nintendo Land』開発者インタビューが掲載されており、『Nintendo Land』がオンラインマルチプレイに対応せず、ローカルのみのマルチプレイが採用された理由として、このゲームのマルチプレイが「その場にいる人達のコミュニケーションで成り立っていること」が挙げられています。


インタビューには「社長が訊く」にも登場している江口プロデューサー、山下ディレクター、嶋村ディレクターの3名が参加。「社長が訊く」の中でも話が出ましたが、『Nintendo Land』収録アトラクションはマルチプレイ時にテレビモニタの外側で会話が飛び交う性質があって、場の空気感や連携も重要になってきます。そのため同じ部屋にいる人同士で楽しんで貰うことを前提になっているということです。

任天堂は昔から顔を合わせて遊ぶゲーム体験を大切にしていますが、ゲーム機の進歩は遠くの人を結びつけるだけではなく、テレビとGamePadとで見えている情報が異なる非対称プレイによって、ローカルの遊びにも変化をもたらしています。

ニンテンドーランドはオンライン機能としてMiiverseでゆるやかに繋がっては居ますが、とはいえ、なかなか大勢が集まる機会を作れなかったりもするので、できることならオンラインマルチを導入してもらいたいなあなんて思ったりも。

Nintendo Land
Nintendo Land
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
希望小売価格: 4,935円(税込)
プレイ人数: 1~5人

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で