『World of Goo(グーの惑星)』を手がけた2D BOYのスタッフ等が集うTomorrow Corporationによる新作タイトル、『Little Inferno』のフルサウンドトラックが公式サイトにて無料配信されています。


海外のWii Uニンテンドーeショップではローンチタイトルの1つなった『Little Inferno』、国内でも配信が待たれますが、先にサウンドトラックが入手可能となりました。

「ジョーズ」「ジュラシック・パーク」「プライベート・ライアン」「戦火の馬」などスのピルバーグ作品や「ハリー・ポッター」シリーズの音楽を手がけたJohn Williams氏や、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「シザーハンズ」「ミッション:インポッシブル」「マーズ・アタック!」等のDanny Elfman氏、そして2002年のFIFAワールドカップ日韓大会公式アンセム作曲者でも知られるVangelis氏に強く影響されたというKyle Gabler氏による全22曲。

VHSテープで録音したように聞こえるよう、エフェクトを工夫したり、かつキャラクターやテーマが口ずさみやすいようにすることが目標だったといいます。

公式サイトでは、ダウンロードができる他、ストリーミングで試聴もでき、またライナーノーツも掲載されています。

Kyle Gabler氏は2D BOY時代『グーの惑星』のデザイナーの1人で、そのサウンドトラックもまた無料で配信されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で