『星のカービィ』や『新・光神話パルテナの鏡』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』等のデザイナーで知られる桜井政博氏は連載中のコラムにて、Wii Uとニンテンドー3DSそれぞれで開発中の『大乱闘スマッシュブラザーズ』新作について、「まだまだお待たせすることになります」と、発売が当分先になることを明らかにしています。


週刊ファミ通で連載中の「ゲームについて思うこと」の中で桜井さんは、スマブラ次回作について「極端に言えば、ユーザーの皆さんにはしばらく忘れられていた方がいいのではないかと」と述べ、桜井さんの考える本来あるべき姿での発表までに、まだ時間を要する事を明らかにしました。

“本来あるべき姿”というのは、ゲームの動きやムービーができて、画面写真も用意できる段階というもの。

任天堂はE3 2011で、Wii U/3DS向け『スマブラ』新作を発表。その後ニンテンドーダイレクトにて、桜井さんのソラとバンダイナムコゲームス、バンダイナムコスタジオを中心として開発が進められていることが発表されています。ただ情報はそれのみで、画面写真も公開されていません。

そんな状態でありがら、任天堂は2013年3月期Q1決算資料の北米向け発売スケジュールに、発売日未定ながらも3DS版「Super Smash Bros.」を掲載。Q2の資料ではWii U版も掲載され、地域も日本国内や欧州まで拡大しました。

『ゼノブレイド』のモノリスソフト新作も「モノリスソフト完全新作」として発表されたように、戦略的なタイトルでは開発者の思惑とは違ったタイミングで発表されてしまう事はやむを得ないのかもしれません。

ツイート数も控えめになり、インタビューや講演依頼も断るケースが増え、なるべく目立たないようにしているという桜井さん。ですが「最初の打ち上げには気合いを入れて臨みます!」と大々的なお披露目を示唆しています。

早ければE3 2013でしょうか。それとも最近の傾向としてニンテンドーダイレクトで、ということになるんでしょうか。本発表まで暫く辛抱です。

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA)
ニンテンドー3DS LL
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年7月28日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で