メディアクリエイト公式サイトの週間ソフト&ハードセルスルーランキングが更新され、2日間で30.8万台を販売したWii Uの消化率(出荷台数に対する販売台数)は、9割弱であったことが明らかになりました。


Wii Uは販売台数こそ2006年のWii(35.0万台)に及ばなかったものの、消化率9割弱はほぼ同じ。30万台を超えたハードはWiiとPS2だけということから、据置ハードの出だしとしては悪くありません。

Wii Uソフトの総販売本数は37.6万本でした(ダウンロード版含まず)。『New スーパーマリオブラザーズ U』『モンスターハンター3G HD Ver.』『Nintendo Land』『ZombiU』の上位4タイトルで35.5万本なので、残る7タイトル合計が2.1万本ほど。

21位以下、トップ50圏内には30位に『無双OROCHI 2 Hyper』、42位に『NINJA GAIDEN 3:Razor’s Edge』、43位に『鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION』、45位に『アサシン クリード III』の4タイトル。既に他機種で発売済みのマルチタイトルには厳しい結果となりました。

ハードに対するソフト販売本数を示す、タイレシオは1.2でした。これもWiiの1.8を下回っていますが、Wiiの時は、『Wii Sports』を複数人で遊ぶのためだったり、Wiiリモコンを追加購入しようとした際にお得な『はじめてのWii』があったので、単純に数字の大小で好不調は比較できないのではないかと思いますね。あれを遊びたいがためにWii本体を購入する人は少なかったでしょう。

ソフト総販売本数は164.6万本。Wii U発売やPS3『龍が如く5』、3DS『ペーパーマリオ』の発売週だったことで徐々に盛り上がりを見せ始めてはいますが、例年のような活況さはまだ見られずにいます。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で