欧米のニンテンドーダイレクトにて、2012年も働きづめだった兄に代わって2013年に登場する緑の弟の新作、3DS『ルイージマンション2』(Luigi’s Mansion: Dark Moon)について続報がありました。


既にWii Uを発売済みの欧米では番組時間に余裕があり、その分3DSタイトルも幾つか紹介されています。ルイマン2は、その中の1つ。

3DS『ルイージマンション2』は、GCで発売された『ルイージマンション』の続編で、今回もルイージがゴースト退治に乗り出します。

日本では2013年Q1(1~3月)に予定されていますが、欧州では2013年3月、北米では2013年春発売になることが、それぞれのニンテンドーダイレクト内で発表されました。

日本ではおそらく、2013年の任天堂タイトル第1弾になると思われる『ルイージマンション2』。12月6日時点では2013年1月のスケジュールがごっそり空いているので、欧米でそうしたように、来年早期の主要ラインナップを発表する機会は年内に用意されていそうです。その中にルイージがいるといいのだけれど。

ちなみに2012年、今年の任天堂は、1月に3DS『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』とWii『キキトリック』を発売。2011年はNDS『えいごで旅する リトル・チャロ』とWii『ラストストーリー』が発売されました。

それ以前の年を見ても、1月~2月初旬までに現行ハードへ向けて最低1本は発売されています。来年もWii U(初頭と発表されたワリオ?)や3DS向けに、タイトルが用意されていると見てよさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で