北米地域では、任天堂ではなくXSEED GamesからリリースされたWii用RPG『The Last Story』が、同社における最大のヒットタイトルとなったことが報告されました。


「ラストストーリーはXSEED Gamesにとって素晴らしいタイトルで、これまでで最も成功したタイトルになりました。ラストストーリーはRPGファン必携のゲームであり、より多くのプレイヤーがルリ島の魅力に気がつくことを楽しみにしています」

日本と欧州では任天堂から通常リリースされた『The Last Story』ですが、北米地域では何故か任天堂アメリカはラインナップに加えず、マーベラスAQL傘下のXSEED Gamesからリリースされました。具体的な販売本数は明らかにされていませんが、メーカー・ユーザー双方にとって良い結果になったのではないでしょうか。

成功を記念して、XSEEDでは29.99ドルのスペシャル価格での出荷を開始。アートブック同梱の特典付き限定版についても39.99ドルに価格改定されています。

『The Last Story』はRPGに新たな風を吹き込んだチャレンジングなタイトルで、煮詰め切れていない粗も目立つものの、魅力的な部分もまた多いゲームでした。

ラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー (サントラCD+ビジュアルブック) 付き / 任天堂
The Last Story(ラストストーリー)
メーカー: 任天堂
発売日: 2011年1月27日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で