UbisoftのPRマネージャーが『アサシンクリードIII』のローンチイベントでコメントしたとされる、Wii U版のテレビ・GamePad双方への3D対応ですが、製品が発売された海外のゲームサイトIMGMRより正式に3D対応が確認されました。


関係者からの発言とはいえかなり眉唾だったGamePadの3D対応ですが、Wii Uは18日に北米でローンチを迎え、『アサシンクリードIII』も同時発売。ということで、真偽の確認は時間の問題でした。

IMGMRによると立体視の設定はオプションからいつでも行うことができ、深度も10段階で選択することが出来るようになっているとのこと。

GamePadの3D表示対応は大きな機能の1つと言えますが、任天堂は公式に明らかにしていません。これは3DSのような裸眼立体視ではなく、専用のメガネが必要となってくることが理由にあるかと思われます。国内のWii U公式サイトでのGamePad仕様欄でも「※裸眼立体視には対応していません」と注釈。あるいは3Dメガネの必要な立体視をキーフィーチャーとは見なしていないとか。

アサシン クリードIII 初回限定特典 アサシン クリードIII リファレンスガイド 付き【CEROレーティング「Z」】  / ユービーアイ ソフト
アサシン クリードIII
メーカー: Ubisoft
発売日: 2012年11月15日(Wii U版12月8日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で