北米でローンチを迎えたことで、Wii Uに関する様々な情報が続々と公開され始めていますが、例えばオンライン関係で新しく導入されるアカウント「ニンテンドーネットワークID」は、最初のバージョンではWii U本体に紐付けされる、これまでの任天堂ゲーム機の仕組みを引きずっているそうです。


オンラインに接続したり、ニンテンドーeショップを利用する際に必要となってくる「ニンテンドーネットワークID」ですが、アカウント制をとりながらも、少なくとも現バージョンでは、Wiiや3DSの本体紐付けとほぼ同義であることが明らかになりました。

つまり、友人の家に遊びに行ってオンラインやニンテンドーeショップを利用しようとした際に、自分のIDでログインしようとしても使う事は出来ないということです。

任天堂アメリカのサポート情報では以下のようなQ&Aが掲載されています。

「別のWii Uで自分のニンテンドーネットワークアカウントにログインできますか?」
「いいえ、それはできません。ニンテンドーネットワークアカウントは、アカウントを作成したWii Uでのみ利用可能です。将来的には、今後の任天堂ゲーム機や他のデバイス、PC等でも利用出来るようになります」

先日のWii U本体機能ダイレクトでは、任天堂の岩田社長から、「ニンテンドーネットワークID」は任天堂が今後発売する様々なハードウェアや、PC、スマートフォン等に対応予定であることが発表されました。

スマホやPCは来年にも対応され、ニンテンドーeショップでのコンテンツ購入やMiiverseも利用出来るようになる予定なので、可能性があるとすればその時に複数のWii Uにも対応されるのではないでしょうか。

ただ現時点でニンテンドーネットワークIDに対応する任天堂デバイスはWii Uのみで、そのWii Uも発売されたばかりのため買い換えも無いわけで、それほど急を要する機能ではないように見えます。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で