任天堂から「Wii U本体機能 ちょっと補足 Direct 2012.11.14 」が配信された中で、親御さんが気にしているだろう、Wii Uのペアレントルコントロールについても補足説明されています。


Wii Uはこれまでの任天堂ゲーム機よりもさらにインターネットを活用したゲーム機となっていますが、ペアレンタルコントロール機能によって、各種ソフトやサービスの利用、閲覧等の可否を細かく設定することが出来ます。

設定できる項目は、「CEROレーティングによる年齢制限」「ソフトの通信機能」「インターネットブラウザの使用」「ニンテンドーeショップ等での商品やサービスの購入」「Miiverseの使用(投稿・閲覧/投稿のみ制限)」「フレンドの登録」「配信動画の視聴」「データ管理」「インターネット設定」と多岐にわたります。

eショップでの利用を制限することで、本体にチャージされた残高やクレジットカードを利用して思いがけない請求がある、なんていう心配が無くなります。

これらのペアレンタルコントロールはユーザーアカウントごとに設定可能で、予測変換につかわれるデータベーも、ユーザーごとソフトごとに保存されます。

またMiiverseの制限はソフトごとにも設定可能となっていて、例えば『New スーパーマリオブラザーズ U』では、セーブデータごとにMiiverse連携機能を細かく設定できます。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で