Wii Uの本体機能詳細に関する「Wii U 本体機能 Direct 2012.11.7」が配信され、いつものように岩田社長が直接プレゼンや公式開封の議などを行い、ユーザーへ情報を伝えました。


今回はローンチソフトのアイコンがサークル上に並んだ「わらわら広場」(WaraWara Plaza)の場面からスタート。「Miiわらわら」から名称が変更され、正式名は「わらわら広場」となりました。Wii Uの電源を入れると最初に表示されます。インターネットに接続することで表示されるメッセージは毎日更新されていきます。

手元のGamePad画面には、グリッドのWii Uメニューが表示。ボタン1つでテレビ画面とGamePad画面との入れ替えが可能となっています。

Wii Uプレミアムセット、公式フライング開封の議!

岩田社長が直接プレミアムセットを開封。重さ4.25kg。裏面には大きくUのロゴが。社長は手袋をはめて丁寧に開封。下の段にはWii U本体とGamePadが、上の段にはACアダプタや説明書などが梱包されています。

アカウント制の導入

Wii Uではアカウント制が導入され、最初に設定が必要になります。本体にユーザーアカウントを作成。ゲーム機を複数で共有できるように、1台のWii Uで最大12人までのユーザーアカウントを作成可能。

ゲームの設定やセーブデータがユーザーごとに管理されます。ブラウザのブックマークやプレイ履歴もユーザーごとに。これにより他ユーザーのプレイデータに影響を与えることなく遊ぶ事ができる。

ニンテンドーネットワークID

ネットワークを介したサービスを利用する際は、さらに「ニンテンドーネットワークID」が必要。

・パスワード
・生年月日
・性別
・住まい
・パスワード
・メールアドレス

を入力。フレンドコードと同じようにも使える。

eショップの利用は「ニンテンドーネットワークID」で管理され、購入したソフトやコンテンツは、本体で作成した全てのユーザーアカウントで利用できる。

他社の様々なネットワークサービスを連携させることもできる。Wii U以外にも、今後任天堂が発売する様々な製品で使えるようになる予定。PCやスマホといった任天堂デバイス以外からも利用出来るようになる。

ネットワークアップデート

発売日当日から配信される、ネットワークアップデートにより本体を更新することで利用可能に。サイズはかなり大きめとのこと。

・インターネットブラウザ
・ミーバース
・ニンテンドーeショップ

このネットワークアップデートで多くの機能が追加される。

WiiからWii Uへの引っ越しに関しての発表は後日公式サイトで。

Wii U GamePad のおさらいと続報


インターネットブラウザはキーボード入力の他、ケータイ入力、手書き入力など5種類の文字入力モードに対応。テレビに動画を映しながら、GamePadでは次の動画を探すことも。

HOMEボタンメニューでは、「Miiverse」や「インターネットブラウザ」「ニンテンドーeショップ」「フレンドリスト」などのアイコンが表示され、ゲームを途中で中断することなく切り替えが可能。ゲームの途中でもすぐにMiiverseに投稿が行える。Miiの表情を選んだり、スクリーンショットの添付もできます。投稿後はすぐにゲームに戻れます。スクショ投稿は嬉しいですね。

フレンド登録したユーザーのメッセージは「みんなの活動」に表示され、フレンド登録後は非公開のDMを送信できるTwitterのような仕組み。共感した印をつけたり、フォローをしたりも。

ネタバレコメントは、すぐには表示されないよう配慮されており、ネタバレについてメッセージを投稿する本人があらかじめ申告しておけるほか、他ユーザーから一定数の報告があればネタバレ扱いとなる仕組みも。

Miiverseが全てのWii Uゲームに対応していることは以前から発表されていますが、ゲームに深く組み込む事も。例えば『NewマリオU』では、ゲーム内に他のプレーヤーの投稿されたり、同じ場所で何度もミスをすると、ソフトから投稿を促されれコメントを残しやすい仕組みが。時には「川柳で表示してみませんか」など、ユニークな投稿を促されることも。

せ、川柳・・・。

Nintendo Land』にもMiiverseが組み込まれており、アトラクション終了後やロビーに他ユーザーからのメッセージが表示されます。

Wii U Chat

ビデオチャット機能。本体内蔵。岩田社長とNOAのレジー社長がビデオチャットで共演しました。岩田社長から日本のユーザーへのメッセージをお願いされたレジー社長は、英語でメッセージをくれるのかと思いきや

「ニホンノミナサン、コンニチワ。ニンテンドーオブアメリカノレジーデス」

となんと日本語でコメント。遅延もあまり無いみたいです。

ビデオチャットはお絵かき機能も搭載しており、会話をしながら文字や絵を描くこともできる。フレンド登録をしているユーザー間で利用できる。

GamePadのみで利用することもできる。ゲーム中にコールを受信したときは、ホームボタンが点滅してお知らせ。

JOYSOUNDのXINGと任天堂がコラボレーション

カラオケソフト、『WiiカラオケU』。チケットを購入して利用し9万曲以上が歌い放題に。
業務用のクオリティを目指して開発。実際にカラオケ店で利用されている選曲端末「キョクナビ」をGamePad上に再現。選曲や検索、キー、マイク音量、エコー、テンポなどを快適に行える。テレビ画面には通常のカラオケ画面が表示される他、自分のMiiが登場する映像やスライドショーを見ながら歌うことも。。

我が家のカラオケならではの機能。歌唱履歴やお気に入り、こだわりマイク設定をMiiごとに管理・閲覧することができる。

ソフトはWii Uに内蔵。USB接続の「Wii Uマイク」。オフラインで一定期間楽しめるトライアルディスクとのセットも発売。

料金は「1時間100円」「24時間300円」「30日1,000円」「90日2,000円」。

New スーパーマリオブラザーズ Uについて

ソフトについても少しだけ。今回のマリオはストーリーモードの充実はもちろんのこと、「お題モード」などのやり込み系のモードが相当なボリュームで収録されているとのこと。ダイレクト終了後に、「開発者が紹介する New スーパーマリオブラザーズ U」が公開されました。

その中でマリオUは720pであることが正式に判明。

また、Wii UのTVCMがいよいよ8日より公開に。岩田社長は既にWii U情報を仕入れているニンテンドーダイレクト視聴者に向けて、あまりWii U情報を知らない人達へ是非口コミで伝えていただけるとありがたいとコメント。

「Miiverse」詳細やアカウントなどのネット周り、「Wii U チャット」「WiiカラオケU」等、新たに判明した部分もありましたが、「Wiiモード」状態の表示やニンテンドーeショップのラインナップなどは次回以降に持ち越しとなりました。NFCの対応状況も未公開のまま。実績やトロフィー相当の機能も明らかになりませんでした。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で