世界で最も早く、11月18日にWii Uを発売する北米地域向けのWii U紹介映像が公開されました。一足早く映像が公開されたUKと同じように、Wii Uの機能やソフトを紹介する内容となっていますが、より洗練された映像で紹介されています。


ボックス状の各部屋で、それぞれのユーザーが異なるソフやサービストを楽しんでいるという内容。

Wiiで展開した「Wii Would Like To Play」のインパクトが強烈で、かつWiiの革新性を素直に伝えるものだっただけに(日本人風の営業マン2人組がアメリカの各家庭を回って“Wii would like to play”とWiiを売り込む内容。音楽は吉田兄弟)、様々な機能を盛り込んだWii Uの印象を一発で伝えるのはなかなか難しいのだなあと感じます。

従来路線へやや回帰したことやタブレット端末が今や世に溢れていることで、改めて操作系を紹介する必要がないから無難になっているのかもしれませんが。

Wii U Advertising Campaign Launch Video

おまけ

Wii Would Like to Play

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で