スペインの「アストゥリアス皇太子賞」授賞式に出席した任天堂の宮本茂氏が、海外サイトGame Reactorのインタビューで『ゼルダの伝説』新作などについてコメントしています。


「Wii Uユーザーの殆どは、Wiiリモコンやヌンチャク、そしてWiiリモコンプラスを所持しているという前提で開発を始めています。開発者は、これらの中で好みのインターフェイスを選択することができます。我々が開発している『ピクミン3』では、両方の操作を採用しています」ゼルダも2画面を活用する方法が示唆されています。

噂されているレトロスタジオは『ゼルダの伝説』新作の開発に関わっているものの、デザインやスクリプトに関しては任天堂内で開発。アメリカにあるレトロが関わっている部分は限定的であるそうです。

その他、任天堂はオンラインに関して後れを取っているとは考えていないことや、Miiverseの手書きチャット奨励、宮本氏を必要としないチームの育成を進めている点についてもコメント。

これまで噂としては出ていたものの、レトロスタジオがゼルダ新作に関わっていることが初めて公式に明らかにされました。Wii U版のゼルダについては、2014年発売や非常に大規模なゲームとなっていることも噂されています。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly