『ドンキーコング』や『マリオ』、『ゼルダの伝説』、『ピクミン』など、任天堂から数々の世界的なキャラクター・ゲームを送り出してきた宮本茂氏が現在、Wii U向けの新プロジェクトに携わっていることが海外メディアから報じられています。


宮本さんの新プロジェクトは、GTTVが行った任天堂アメリカのレジー社長へのインタビューから明らかになったもので、このプロジェクトには任天堂の情報開発本部(EAD)や、新作の噂が絶えないレトロスタジオが関わっており、早ければ来年のE3でお披露目される可能性もあるとのこと。

またインタビューでレジー社長は、『ベヨネッタ2』のWii U独占と任天堂がワールドワイドに販売していくことも改めて強調しています。

レトロスタジオの開発力は高く評価されており、最近では3DS『マリオカート7』の開発に参加。新作の発表が世界手的に待ち望まれている開発スタジオの1つです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で