発売が迫り体験版の配信が始まった人気サッカーゲーム『FIFA 13』ですが、EAは『FIFA 13』の体験版が、配信開始日からの3日間で200万件近いダウンロードを記録したことを発表しました。


EAのリリースによると『FIFA 13』の体験版は、配信開始から3日間で世界73カ国199万人にダウンロードされました。この数字は『FIFA 12』を29%上回り、記録的な水準であるとのこと。

リリース発表時点の『FIFA 13』の予約数は87.5万本で、北米地域では前年比62%の増加、欧州地域でも37%伸びを見せているそうです。1,000万本クラスのタイトルなのにまだ伸びますか。

『FIFA 13』は、第2世代プレイヤー・インパクトエンジンやアタッキング・インテリジェンス、ファーストタッチ・コントロール、コンプリート・ドリブルなど、よりリアルを求めて飽くなきシステムの改善を追求。500以上のクラブライセンスを取得し、15,000人を超えるサッカー選手達が実名で登場します。

日本国内では『FIFA 13 ワールドクラスサッカー』として、PS3、Xbox 360、PSP、PS Vita用に、2012年10月18日に発売予定。タッチ操作の可能な「Wii U GamePad」機能を生かしたWii U版も2012年12月に発売予定です。

FIFA 13 ワールドクラス サッカー 初回特典:UT:24ゴールドパックス DLC同梱 & Amazon.co.jp限定 EA SPORTS フットボールクラブ クレジット DLC付き
FIFA 13 ワールドクラス サッカー
メーカー: Electronic Arts
発売日: 2012年10月18日(Wii U版2012年12月)
対応ハード:Xbox 360、PS3、PSP、PS Vita、Wii U
希望小売価格: 7,665円(PS3/360)、4,980円(PSP)、5,980円(PS Vita)、未定(Wii U)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で