家庭用ゲーム機版の発売が迫る、EAの人気サッカーゲームシリーズ最新作『FIFA 13』ですが、iOS版の開発も進んでおり、本作のゲームディティールや新たなスクリーンショットが明らかになりました。


グラフィックの質が向上していることは、画像初出時に既に確認できていましたが、ゲームディティールも初めて公開。今回はオンラインマルチプレイやYouTubeへのアップロード、「EA SPORTS Football Club」への対応など、ゲームモードもさらに充実しています。

iOS版『FIFA 13』の主な特徴

33のスタジアムライセンス取得
30のリーグ、500以上のチーム、15,000人以上の選手を収録
前作から改良されたグラフィック
新しいゲームコントロール
ゲームパッドを含むユニバーサルビルド
「EA SPORTS Football Club」へのアクセス
オンラインマルチプレイ
YouTubeへハイライトを直接アップロード

ゲームモード

トーナメント、リーグ戦、カップ戦
クイックマッチ(親善試合、練習、PK戦)
マネージャーモード
「EA SPORTS Football Club」チャレンジ

iOS版は、海外では家庭用と同時期の9月にリリース予定。国内でもこれまで通りリリースされると思われます。

家庭用ゲーム機向け『FIFA 13 ワールドクラスサッカー』は、国内ではPS3、Xbox 360、PSP、PS Vita向けに、10月18日にリリース予定となっています。

[追記
国内版iOS『FIFA 13』リリース開始されました!

600円
(2012.09.25時点)
FIFA 13 ワールドクラス サッカー 初回特典:UT:24ゴールドパックス DLC同梱 & Amazon.co.jp限定 EA SPORTS フットボールクラブ クレジット DLC付き
FIFA 13 ワールドクラス サッカー
メーカー: Electronic Arts
発売日: 2012年10月18日、2012年12月(Wii U)
対応ハード:Xbox 360、PS3、PSP、PS Vita、Wii U
希望小売価格: 7,665円(PS3/360)、4,980円(PSP)、5,980円(PS Vita)、未定(Wii U)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で