任天堂は29日、3DS VC配信タイトルリストを更新し、ゲームボーイの名作の1つ『カエルの為に鐘は鳴る』が9月5日に配信されることが明らかになりました。価格は400円。


『カエルの為に鐘は鳴る』は、1992年に発売されたソフトで、開発は任天堂と『ファイアーエムブレム』等で知られるインテリジェントシステムズが担当。2Dゼルダのような上から見下ろしだったり、メトロイドやマリオのように横スクロールになったり、複数の視点のカメラでゲームが展開します。

緩い雰囲気の世界観と、締めるところはビシッと締めるアツいストーリー、そして任天堂らしい謎解き要素がプレーヤーを魅了しました。

『マリオカート』シリーズが8月で20周年を迎えましたが、このソフトも今年9月で20年。節目の年にこうして再登場することとなりました。

思い出補正込みになってしまうけれど、かなり好印象なゲームだったと記憶しています。GBのゲームを語るときに、名作としてまず挙がるタイトルでしょう。紹介ページがあっという間にホッテントリ入りするほどの根強い人気。

あとGBの名作と言えば『モグラーニャ』がオススメです。まだ未配信ですが。

ゲームボーイソフト カエルの為に鐘は鳴る

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA)
ニンテンドー3DS LL ホワイト
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年7月28日
希望小売価格: 18,900円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で