EAサマーショウケースで公開されたWii U版『FIFA 13』のディティールについて、Matt Priorプロデューサーのインタビューから幾つか明らかになっています。


EAは、Wii U版『FIFA 13』について、グラフィック面で他機種より改善されていると述べていましたが、ピッチやスタンドの観客に、より精細な、2倍の解像度のテクスチャを使用しているとのこと。

しかしバッドニュースとして、Wii U版は、PS3やXbox 360で提供される最新の『FIFA 13』とは異なり、同じタイトルを冠しますが、幾つかのシステム面で『FIFA 12』に近いことが明らかになっています。EAはまず、Wii Uにおけるベースを作ることに注力し、Wii U GamePadによるタッチ操作を導入しました。

加えて、Wii U版『FIFA 13』では、人気モードの1つ“Ultimate Team”も発売時には搭載されていないそうです。ただ「発売時には」ということで、後々DLCとしてリリースされる可能性も示唆されています。売上次第?

Wii Uのローンチに間に合わせる事と、Wii Uでのベースを作る事が第一にあり、モードやシステム面を他HD機と揃えていくことは次作以降の目標といったところでしょうか。EAの別タイトル『Madden NFL 13』についても、Wii U版は最新のシステムではない事が明らかになっています。

国内版『FIFA 13 ワールドクラスサッカー』は、10月18日にPS3、Xbox 360、PSP、PS Vita向けに発売予定。Wii U版の国内展開は、現時点では未定です。

FIFA 13 ワールドクラス サッカー 初回特典:UT:24ゴールドパックス DLC同梱 & Amazon.co.jp限定 EA SPORTS フットボールクラブ クレジット DLC付き
FIFA 13 ワールドクラス サッカー
メーカー: Electronic Arts
発売日: 2012年10月18日
対応ハード:Xbox 360、PS3、PSP、PS Vita
希望小売価格: 7,665円(PS3/360)、4,980円(PSP)、5,980円(PS Vita)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で