海外ゲームメディア大手のIGNがWiiのおすすめソフトランキング「The Top 25 Wii Games」を更新し、2012年版のベストゲーム25作品を発表しています。海外メディアのランキングなので、日本人とはやや趣向の異なる25作品が選ばれていますが、なかなか面白いソフトが選ばれているのではないでしょうか。

The Top 25 Wii Games

25. Wii Sports Resort(任天堂:2009年)
24. おどる メイド イン ワリオ(任天堂:2006年)
23. 罪と罰 宇宙の後継者(任天堂:2009年)
22. ファイアーエムブレム 暁の女神(任天堂:2007年)
21. 朧村正(マーベラス:2009年)
20. PUNCH-OUT!![パンチアウト!!(任天堂:2009年)
19. レッドスティール2(Ubisoft:2010年)
18. マリオカートWii(任天堂:2008年)
17. 大神(おおかみ)(カプコン:2009年)
16. モンスターハンター3(トライ)(カプコン:2009年)
15. スーパーペーパーマリオ(任天堂:2007年)
14. ノーモア☆ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル(マーベラス:2010年)
13. デッドスペース エクストラクション(Electronic Arts:2009年)
12. バイオハザード 4 Wii Edition(カプコン:2007年)
11. Xenoblade ゼノブレイド(任天堂:2010年)
10. THE LAST STORY(ラストストーリー)(任天堂:2011年)
09. TATSUNOKO VS. CAPCOM: ULTIMATE ALL-STARS(カプコン:2010年)
08. New スーパーマリオブラザーズ Wii(任天堂:2009年)
07. ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(任天堂:2006年)
06. ドンキーコング リターンズ(任天堂:2010年)
05. スーパーマリオギャラクシー(任天堂:2007年)
04. メトロイドプライム トリロジー(任天堂:2009年)※日本未発売
03. 大乱闘スマッシュブラザーズX(任天堂:2008年)
02. スーパーマリオギャラクシー2(任天堂:2010年)
01. ゼルダの伝説 スカイウォードソード(任天堂:2011年)

ゼルダ人気の高いアメリカのサイトによる選出ということで、やはり『ゼルダの伝説』強し。モーションプラスに対応した『スカイウォードソード』が1位となりました。2011年発売ソフトからは『ラストストーリー』もランクイン。日本で絶賛された『ゼノブレイド』より上にいるのも嗜好の違いを感じられて興味深いですね。

任天堂の有名タイトルはほぼ含まれていますが、Wiiで一世を風靡したいわゆるカジュアルゲームは『Wiiスポーツリゾート』(25位)や『メイド イン ワリオ』(24位)がギリギリ食い込んだくらい。こうしたランキングではあまり評価されない傾向にありますね。

ゲーマーが選ぶようなタイトルが多く選出されているので、Wiiでがっつり遊べるゲームをさがしている時は、今回のような海外評価で選んでみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で