2012 E3 アナリスト Q&A セッションにおいて任天堂の岩田社長は、Wii Uでは様々な課金オプションが選べるように設計されており、フリー・トゥ・プレイ(基本プレイ無料)にも対応していると述べていましたが、Horsezなどを手がける海外デベロッパーVirtual Toysが、Wii Uなどに対応するフリー・トゥ・プレイのゲームに着手していることが明らかになりました。


Virtual Toysによるとこのフリー・トゥ・プレイゲームはビッグプロジェクトで、Wii Uにとどまらないマルチプラットフォームタイトルになるとのこと。

対応ハードはPS3、PS Vita、Wii U、PC、そしてブラウザなど。最新鋭のグラフィックやテクノロジーを用いたタイトルになり、コンソール版かPC版ではゲームプレイの異なる、ユニークな体験になるとしています。

携帯やオンラインゲームでは定着しているフリー・トゥ・プレイですが、家庭用ではまだまだこれからの段階。国内展開は未定ですが家庭用でどのような市場を築けるのか今後の動向が注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で