2009年に発売が開始されて以来、驚異的な売上を続け、年間1億ドルを超えるビジネスにまで発展したフィンランドのRovio Entertainmentのアクションパズルゲーム『Angry Bird』シリーズですが、ニンテンドー3DSをはじめとしてPS3やXbox 360といった家庭用ゲーム機でも展開されることが正式に発表されました。


発売されるタイトルは『Angry Birds Trilogy』で、『Angry Birds』『Angry Birds Seasons』『Angry Birds Rio』を収録し、ダウンロード版ではなくパッケージで発売されます。3DS版ではすれちがい通信にも対応。

グラフィックは家庭用向けに描き直され、新たなデモシーンや追加要素も収録。各ステージには個別のスコアボードがあり、自分や他のユーザーと競い合う事ができます。その他、アニメーション背景やライティングモード、リアクティブな背景など。

発売時期はホリデーシーズンになるそうです。これまで無料あるいは安価なダウンロードソフトとして発売されてきたアングリーバードがパッケージソフトとして登場。その内容もさることながら価格も気になるところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で