6月28日に行われた任天堂の第72期定時株主総会の質疑応答において、岩田社長は4月に数量限定でオンライン発売された『ファイアーエムブレム 覚醒 スペシャルパック』について、購入出来なかったユーザーへ謝罪し、今後は二度と不本意な思いを感じさせないように努力したいとコメントしました。


『FE覚醒 スペシャルパック』はソフトとオリジナルデザインのニンテンドー3DS本体、オリジナルデザインのニンテンドープリペイドカードが同梱されたもので、発表時から注目を集めていました。

スペシャルパックについて質問を受けた岩田社長は、購入出来なかったユーザーへ対して「会社としまして大変申し訳なく思っております」と謝罪。

地域間の不公平が生じないようにオンライン販売が採用されましたが、任天堂の想定以上の「完全な読み違いがあった」アクセスが続いたことによって接続もままならない状態に。

そうしたことから、2回目以降の販売方法の変更を任天堂社内や外部の弁護士へ相談などして検討。しかし、途中で販売方法を変更すると、景品表示法に抵触する可能性が高い事から、法人としてコンプライアンスを考えると実現出来なかったと述べています。

岩田社長は「すべて販売企画の時点で、お客様にどの程度の数量の購入をしていただけるかということを読み取る力、予測する力の問題」と考えており、「商品の特性や需要に応じて販売方法を正しく判断できるようにすること」でファンに不本意な思いを二度と感じることのないように努力したいとし、「今回に関してはどうかご容赦いただきたいと思います」と改めて謝罪しました。

スペシャルパックは全5回の販売を持って、取り扱いを終了。『FE覚醒』ソフト単品でも40万本以上のヒットを記録しており、ここ数作品で最も売れたFEタイトルとなっています。

ファイアーエムブレム 覚醒 / 任天堂
ファイアーエムブレム 覚醒
メーカー:任天堂
ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
発売日:2012年4月19日
希望小売価格:4,800円
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2人)
ローカルプレイ対応、すれちがい通信対応、ニンテンドーネットワーク対応(インターネット対応、いつの間に通信対応)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で