Gfkが毎週発表している、UKのソフトウェアセールスチャート(All Formats:2012年6月10日~16日)にて、昨年発売されロングヒットを続けるEAの『FIFA 12』が首位に返り咲きました。


EAは既に、この秋発売される『FIFA 13』を発表済みですが、『FIFA 12』の勢いが止まりません。現在欧州では、ウクライナ・ポーランドで4年に1度の欧州選手権が開催されており、『FIFA 12』でも大会と連動要素を含むDLC“UEFA EURO 2012”が配信中。セールスを後押ししています。

代表チームのライセンスが不十分であるなど不満も残るDLCでしたが、昨年の発売以来チャート上位をキープし続けるメガヒットタイトルを、再び首位の座に引き上げるには十分だったようです。

『FIFA 12』は、個別チャートでも2位にXbox 360版が、7位にPS3版がそれぞれランクイン。任天堂タイトルは、海外ではセガ販売の『マリオ & ソニック AT ロンドンオリンピック』が総合9位に入った他は、『スーパーマリオ 3Dランド』が総合30位、個別で同タイトルの23位が最高と苦戦しています。

なおトップ10は以下の通りとなっています。

UK Software Charts(WEEK ENDING 16 June 2012)

  1. FIFA 12
  2. Tom Clancy’s Ghost Recon: Future Soldier
  3. Max Payne 3
  4. Lollipop Chainsaw
  5. Battlefield 3
  6. Diablo 3
  7. Game of Thrones
  8. Sniper Elite V2
  9. Mario & Sonic London 2012 Olympic Games
  10. Dirt Showdown
FIFA 12 ワールドクラスサッカー / エレクトロニック・アーツ
FIFA 12 ワールドクラスサッカー
メーカー:Electronic Arts
ジャンル:スポーツ
発売日:2011.10.22
希望小売価格:7,665円
対応ハード:PS3、Xbox 360
PS3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で