まず、他社がWiiの時よりも早く、短期間で追従してきたことについては、「Wii Uの提案に魅力があると感じている人がおられるということの一つの証明だと思います」とコメント。ちなみに、Wiiのモーションコントロールに追従した商品が出てきたのは2010年でした。


ただ、予め2画面を前提に設計されたWii Uとは異なり、オプションとなったときには普及速度やソフトの対応、そしてレイテンシ(無線通信にかかる時間)の問題が発生します。Wii Uはこの遅延の問題に「特別な配慮」がされているといい、それは実際の体験映像を注意しながら見ても気がつかないほどのレベルでした。岩田社長もプレゼン内で、遅延無く遊べることを強調しています。

また、今回他社の提案したものは、Wii Uが提案することの一部だと考えているとも。E3ではNFC機能を活用したケースが紹介されなかったように、Wii Uはまだまだ未公開となっている機能も多そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で